10日、ワールドカップ・アフリカ予選グループDの第2節、南アフリカ対セネガルが行われた。

もともとは昨年11月に開催されたものであるが、結果を左右する誤審があったとしてFIFAが再試合を命じていた。

そこで勝利していた南アフリカにとっては勝点3を抹消された形となり、残り2試合を連勝しなければW杯出場の可能性はなくなる状況に。

逆にセネガルにとっては勝点3の獲得で予選突破が確定するという立場であった。

先行したのはセネガル。スルーパスから裏に抜け出したFWジャフラ・サコがゴールを陥れ、流れを引き込む。

さらに38分にもロングボールからチャンスを得て、南アフリカDFタムサンガ・ムキーゼのオウンゴールを誘い、セネガルのリードが2点に広がった。

3点が必要になった南アフリカは攻勢をかけるも、守備に重点を置くセネガルのブロックをなかなか破れず…。

結局試合は0‐2のままで終了し、セネガルが勝点3を奪取。この結果、2002年の日韓ワールドカップ以来4大会ぶりにセネガル代表の出場が決定した。

セネガルの監督を務めているのは、その2002年大会で活躍したことで知られるレジェンドのアリュー・シセ。「英雄」が再び世界最高の舞台に導いた形となった。

一方、南アフリカを率いているのはかつてヴィッセル神戸とサンフレッチェ広島を率いたスチュワート・バクスター氏。W杯出場の夢を託されたベテラン指揮官であったが、結果に繋げることが出来なかった形だ。