欧州遠征中の日本代表は、ベルギー代表と対戦し0-1で敗れた。

【動画】ベルギー対日本 試合ハイライト

左サイドバックとしてフル出場した長友佑都は試合後、テレビ中継のインタビューで「いいゲームができた」と一定の手応えを口にしながらも敗戦を悔しがった。

長友佑都

「(0-1という結果、内容面を振り返って)
前半からチームが一つになって集中した守備、良いゲームができていたんですけど、負けは負けなんで悔しいです。

(72分までは0-0だったが、そこからが世界との差?)
決めるべきところを決められたんで。僕らにもチャンスはありましたけど、それを決めきれないのは差かなと思います。

(次に向けての意気込みを)
ワールドカップまで試合数がないので、1試合1試合大事にして今日の課題を次に繋げられるように、また、自分も代表に選ばれように頑張りたい」