『Sportingbet』は15日、「レイ・ウィルキンスは、マンチェスター・ユナイテッドはメスト・エジルを獲らないと語った」と報じた。

1998~2000年、2008~2010年にチェルシーのアシスタントコーチを務め、短期間暫定監督も任されたウィルキンス氏。

ジョゼ・モウリーニョとはともに働いた経験はないものの、同じクラブで職を得ていた人物である。

彼は以下のように話し、モウリーニョはエジルのような選手を熱望することはないだろうと語った。

レイ・ウィルキンス

「メスト・エジルは、ジョゼ・モウリーニョが選手たちに求めている職業倫理を持っていない選手だ。オールド・トラッフォードには行かないだろう。

私は、間違いなくウィリアンのほうがマンチェスター・ユナイテッドに行きそうな選手だと思うね。

ジョゼ・モウリーニョは、ウィリアンの熱狂的な崇拝者だ。彼がユナイテッドに行くことがあれば、特別な契約になるだろう。

ただ、私はチェルシーが彼を放出するようなことがないよう祈っているけどね」

今季でアーセナルとの契約が満了になるメスト・エジルは、フリーでマンチェスター・ユナイテッドやバルセロナに移籍するという噂が流れている。