『The SUN』は12日、「マンチェスター・シティのドイツ代表FWルロイ・サネは、22歳で引退するかもしれないと話した」と報じた。

2016年にシャルケ04からシティに加入したサネ。初年度から26試合に出場し、5ゴールを決めた。

そして今季はさらに目覚ましい活躍を見せており、20試合で6ゴール9アシストとすでに昨季の記録を上回っている。

今夏はドイツ代表でワールドカップへの出場も期待されている彼は以下のように話し、プレミアリーグ、FAカップ、カラバオ・カップと4冠を達成できたら引退するとぶっこんだという。

ルロイ・サネ

(今年はワールドカップもあるね?全部優勝したら?)

「もしワールドカップを優勝できたら、僕は22歳で引退するだろうね!素晴らしい年になるだろう。

このシーズンを大いに楽しんでいる。我々のスタイルもね」
ルロイ・サネ ドイツ代表

【次ページ】「自分がどこまでやれるか楽しみ」