『Sportskeeda』は2日、「冬のマーケットで大きなお金を使ったクラブTOP10」という記事を掲載した。

今冬のマーケットでも多くの選手が所属クラブを変えており、それに応じて移籍金が動いている。

1月に大きなお金を移籍金として投じたクラブのトップ10はどうなっているのか?これは収入の多寡は含まれていない。

10位:トッテナム・ホットスパー

トッテナム・ホットスパー ルーカス・モウラ

支出:2840万ユーロ(およそ38.1億円)

マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、できるだけチームの倫理を変えたくない人物であり、1月のマーケットでは支出をしない傾向がある。

しかし今回PSGからルーカス・モウラを獲得することが可能になったことから、大きな支出を許すことになった。

キャメロン・カーター=ヴィッカーズやジョルジュ=ケヴィン・エンクドゥは放出されているが、ローンである。