昨年、レアル・マドリーが獲得を発表したフラメンゴFWヴィニシウス・ジュニオール。2000年生まれの彼は「NEXTネイマール」とも評される逸材だ。

17歳になった彼はこのほど行われたリオデジャネイロ州選手権でのボタフォゴ戦でゴラッソを決めた。

別角度から見ると、シュートの凄さがよく分かる。GKが絶対届かないトップコーナーに決めているのだ。

ちなみに、フラメンゴとボタフォゴはライバル関係にあり、対戦はクラシコとも呼ばれる。そういうこともあり、ヴィニシウス・ジュニオールが得点後に見せた挑発的なセレブレーションに相手選手が抗議し揉める場面も。その結果、彼はイエローカードを貰うはめになったようだ。

なお、ヴィニシウス・ジュニオールは2019年夏まではフラメンゴに残り、その後両クラブが合意すればレアル・マドリーへ正式移籍するという契約になっている。