高校サッカーで「パラメヒコマン」をブレイクさせたプーマ。次なる一手は、先月から一部で話題となっている2011春夏モデル、パワーキャットTOKYOシリーズである。

◆「PowerCat 1.10 Tokyo FG」(プーマ欧州のオンラインショップ)


この斬新なデザインのスパイクは海外でも話題になっているので、その一部を紹介する。

「これはクールだと言わざるをえない」
「ははは、“東京らしい”ね」(えっ
「気に入った!」
「プーマは大嫌いだけど、やってくれたね。NIKEやadidasに打ち勝つ爆弾級の一足だよ」
「とてもクール。スノーボードは近年シンプルなデザインからグラフィティカルなものへと移っているし、サッカー界もそうゆう方向に進んでいくんじゃないかな」
「ショップで見かけたら衝動買いしそう」
「デザイン重視で履きづらいし、この値段でもっと良いスパイクがいくらでもあるよ。さよならパワーキャットTOKYO」

などなど、概ね好評価のようだ。

トップモデルでもあるので、あとは実戦で履く選手が出てくれば人気に火がつくことも考えられるのだが…プーマの顔の一人、インテルのエトーあたりが気まぐれで履いてくれないだろうか。


なお、お揃いでGKグローブもある。

こちらはイタリア代表のブッフォンにお願いしたい。

(筆:Qoly編集部 O)