かつてガーナ代表やバイエルン・ミュンヘンで活躍した名ディフェンダー、サミュエル・オセイ・クフォー。昨年12月に正式に現役を引退した彼は、アセンパ・スポーツ紙のインタビューでゴラン・ステファノヴィッチ代表監督を強く批判、怒りをぶちまけた。

「我々が大会に連れて行ったチームでは、常に時限爆弾を抱えているようなものだ。選手には失敗するためのレシピが握らされていた」

「有能な監督さんは、たった3人のストライカーとチビなディフェンダーばっかりトーナメントに連れて行って、一体どうやって完璧な勝利を手にしようとしていたんだろうね? 彼に聞いてみたいもんだ」

「とても失望している。我々が決勝に登り詰めるための障害となった、ガーナの監督にね」

(筆:Qoly編集部 K)

{module [170]}
{module [171]}

{module [173]}