南スーダン、歴史の第一歩

7月11日、「世界で一番新しい代表チーム」南スーダンが初の国際Aマッチに臨んだ。独立1周年を記念して行われたウガンダとの親善試合は、2-2の引き分けという結果に終わった。

この試合を受けて、スーパースポーツ・ドットコムが各関係者のコメントを掲載している。

-国歌斉唱を担当した歌手マーガレット・イガリ

「我々は代表チームを持っている。我々は国家を持っている。それを誇りに思うわ。とても愛国的なことよ。生まれたばかりの国家が、こんなに強いチームを持っているのよ。

子供は一日では成長しないもの。もし負けたとしても、私は彼らを信じ続けるわ」

-サイモン・ジェームス選手(南スーダン)

「良い試合だったね、我々の第一歩は。きっと次は勝てるよ!」

-ジェームズ・ジョセフ・モーガン選手(南スーダン)

「難しい試合だった。我々は若い選手が多く、さすがに経験不足は明らかだった。引き分けられたことを神に感謝したい。

次の試合までにもっと強くなっていたいね。何せ、我々は自由なのだから」

-ゾラン・ジョルジェヴィッチ監督(南スーダン)

「これは非常に有望な、第一のステップだ。

南スーダンは独立から1周年を迎えた。しかしながら、未だ多くの悲しみや痛みを伴う物語が、そこかしこで繰り広げられている。多くの人が両親、あるいは兄弟、姉妹を失っているのだ。そういう意味では、この試合を『革命』の最後にしてほしい。

ここの子供たちには非常に大きな可能性がある。何百、何千という才能ある少年たちがいるんだ。いつかトップクラスのチームと戦えることを世界に証明できると信じているよ」

-ジョージ・オピヨ選手(ウガンダ)

「彼らは競争力を持っているよ。きっと、この国の中で、何か背負っているものがあるんだろう。国家のためにサッカーをするんだと、そういう心でプレーしているんだろうね。

もしかすると何年か後には、東アフリカ地域で最高のチームになっているのかもしれないね」

(筆:Qoly編集部 K)

{module [170]}
{module [171]}
{module [186]}
{module [190]}


【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】