オーストラリアサッカー連盟は、現地時間18日(土)に予定されている国際親善試合日本戦に向けた代表メンバー23名を発表した。

前回からウェスタンシドニーのエースであるトミ・ユリッチ、シドニーFCのバーニー・イビニ=イセイが軽い怪我で抜け、MFやDFであるアーロン・ムーイとテリー・アントニス、ミッチ・ニコルス、マット・マッカイなどが招集された。なお、Jリーグ経験のある選手はマーク・ミリガン(千葉)とミッチ・ニコルス(C大阪)の2選手。

前線はその分かなり薄くなっており、CFの人材といえばケイヒルだけという状況になっているが、クルーズやレッキーが緊急時は可能であるし、一試合だけということで問題は大きくないだろう。

ポジション争いという点では、マット・マッカイが久々に招集されたということで、最近完全なレギュラーで起用されてきた成立学園高校出身のジェイソン・デイヴィッドソンが3年間を過ごした日本に凱旋できるのかどうかも注目される。

※ 怪我を負ったマーク・ミリガン、そして交通事故を起こしたテリー・アントニスの2名が離脱。追加でオリヴァー・ボザニッチが招集された。(11/11)


GK:

ミッチェル・ランゲラク / Mitchell Langerak
(ボルシア・ドルトムント/GER)

マシュー・ライアン / Mathew David Ryan
(クルブ・ブルッヘ/BEL)

DF:

ジェイソン・デイヴィッドソン / Jason Alan Davidson
(ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン/ENG)

イヴァン・フランニッチ / Ivan Franjić
(トルペド・モスクワ/RUS)

マーク・ミリガン / Mark Milligan
(メルボルン・ヴィクトリー)

トレント・セインズバリー / Trent Sainsbury
(ズウォレ/NED)

ニコライ・トポー=スタンリー / Nikolai David Topor-Stanley
(ウェスタンシドニー・ワンダラーズ)

アレックス・ウィルキンソン / Alexander William Wilkinson Alex
(全北現代モータース/KOR)

マット・マッカイ / Matthew Matt Graham McKay
(ブリスベン・ロア)

MF:

テリー・アントニス / Terry Antonis
(シドニーFC)

アジズ・ベヒチ / Aziz Behich
(ブルサスポル/TUR)

マーク・ブレッシャーノ / Mark Marco Bresciano
(アル・ガラファ/QAT)

ジョシュア・ブリランテ / Joshua Brillante
(フィオレンティーナ/ITA)

クリス・ハード / Christopher Chris Herd
(ボルトン・ワンダラーズ/ENG)

ジェイムズ・ホランド / James Robert Holland
(オーストリア・ウィーン/AUT)

マイル・ジェディナク / Michael Mile John Jedinak
(クリスタル・パレス/ENG)

マッシモ・ルオンゴ / Massimo Corey Luongo
(スウィンドン・タウン/ENG)

ミッチ・ニコルス / Mitchell Mitch Ian Nichols
(パース・グローリー)

アーロン・ムーイ / Aaron Frank Mooy
(メルボルン・シティ)

ジェームズ・トロイージ / James Troisi
(ズルテ=ワレヘム/BEL)

オリヴァー・ボザニッチ / Oliver Bozanic
(ルツェルン/SUI)

FW:

ロビー・クルーズ / Robbie Kruse
(バイアー・レヴァークーゼン/GER)

ティム・ケイヒル / Timothy Tim Filiga Cahill
(ニューヨーク・レッドブルズ/USA)

マシュー・レッキー / Mathew Allan Leckie
(インゴルシュタット04/GER)