新技術『4K』映像の新CMに、アーセナルFWオリヴィエ・ジルーが登場している。

SONYが先導的に開発を進める新たな技術、4K。4Kとは現在のフルハイビジョンの4倍もの解像度のことで、「ウルトラハイビジョン」とも呼ばれている。すでに日本のスポーツ中継でも試験的に導入されており、近い未来にBSやCSでの全面的な配信が期待されている。

今回のキャンペーンではアーセナルに所属するオリヴィエ・ジルーがSONYのパートナーとなり、4Kテレビの高精細を伝えるためのモデルに抜擢されたようだ。

映像の中でジルーは、「フットボールは私の情熱だ。そして、私がピッチを駆け抜ける時、見ているすべての人に私が感じるものを感じてほしい」と話し、4Kテレビを通して自らを見てほしいと語った。

サッカー選手を“足裏"から見るという斬新な視点。

先日、日本紙でワールドカップの公式スポンサーから撤退する意向であることが伝えられたSONY。今後は、こうした選手にフォーカスしたCM展開を進めていくのだろうか。