アーセナルがストライカーの補強に意欲的であるようだ。

現地時間5日に行われたプレミアリーグの第7節チェルシー戦を0-2と落としたアーセナル。UEFAチャンピオンズリーグのガラタサライ戦では4-1と得点力を爆発させていたが、この試合ではプレミアリーグで首位を行くチェルシーの守備網を崩せず。先発出場したダニー・ウェルベックも90分間出場したが、ゴールを奪えなかった。

そんなアーセナルが次の1月に新たな選手の獲得に興味を示しているようだ。英国『Metro』によれば、マルセイユに所属するFWアンドレ=ピエール・ジニャックとユヴェントスFWセバスティアン・ジョヴィンコがそのターゲットだという。

アーセナルでは現在絶対的エースであるオリヴィエ・ジルーが負傷からのリハビリ中であり、アーセン・ヴェンゲル監督は次の移籍期間での補強を示唆していると伝えられている。そこでヴェンゲル監督はこの2選手に目をつけ、次の1月にこのうち少なくとも1人を獲得したい考えのようだ。

なんでもジニャックとジョヴィンコは今シーズンいっぱいでクラブとの契約が切れるという。ヴェンゲル監督はこれまでにも同じフランス人であるジニャックの獲得に好意を寄せていたが、獲得候補として新たにジョヴィンコの名も浮上している。

なお、ジニャックとジョヴィンコはともにこの10月に予定されている2016年欧州選手権予選の代表メンバーに招集されている(フランス代表メンバーイタリア代表メンバー)。