11月21日、 『Skysports』は「アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、FWオリヴィエ・ジルーとMFミケル・アルテタが週末のマンチェスター・ユナイテッド戦で使用可能になると話した」と報じた。

オリヴィエ・ジルーは8月23日に行われたエヴァートン戦の試合終了間際に怪我を負い、左足脛骨骨折で手術が必要となり、長期の離脱となっていた。

また、ミケル・アルテタもハムストリングの怪我によって11月9日に行われたスウォンジー戦を欠場しており、リハビリを行っていた。

アーセン・ヴェンゲル監督はこの二名については思ったよりも早く回復したと話し、マンチェスター・ユナイテッド戦で起用が可能な状態にあることを明かした。なお、アーセナルはまだローラン・コシェルニ、マテュー・ドゥビュシ、メスト・エジルなどが離脱している。


アーセン・ヴェンゲル アーセナル監督

「(オリヴィエ・ジルーについて)

彼は予定されたスケジュールよりも3~4週間早く進んでいる。ジルー、そしてアルテタは両方ともプレーが可能だ。あとは単に準備が出来ているかどうかの問題だ。

元々、彼は来年の初旬に試合に戻ってくると計画されていた。したがって、1か月は前倒しになっている。

(エジルについて)

彼はうまくやっている。しかし、彼は2015年のスタートより前に準備をすることはできないだろう。

(コシェルニとドゥビュシについて)

通常のトレーニングに戻るにはあと3週間かかる」