20日に行われたCLの大一番、アーセナル対バイエルン戦。

局所でスーパープレーが見られたこの一戦だが、激しい1対1を繰り返していたのがバイエルンMFドウグラス・コスタvsアーセナルDFエクトル・ベジェリンだ。

爆発的なスピードを持つ両選手。

特にドウグラス・コスタが左サイドでプレーしていた前半に対峙することが多かったのだが、こんなマッチアップがあった。

バイエルンペースだった前半、左サイドでドウグラス・コスタがボールを持ちベジェリンとマッチアップを繰り広げたのだが、高速のシザースフェイントから相手の股を抜く折り返しを見せ、一瞬のうちに抜き去ったのだ。

ドウグラス・コスタはこの後シュート性のボールをボールを中に蹴り込んだものの、結局これはペトル・チェフに防がれコーナーキックになっている。

キレキレだったドウグラス・コスタの足技にこのシーンでは成す術のなかったベジェリンだが、試合終了間際には自慢の快速で値千金の追加点を演出している