CB:レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)

パス出しに非常に長けたボヌッチだが、バルサとの2試合において平均11度の守備的アクションを記録。特に2ndレグでは15回をマークしており、これは準々決勝の試合においてNo.1の値だった。

ボヌッチとキエッリーニ

CB:ジョルジョ・キエッリーニ(ユヴェントス)

バルサが誇る破壊的攻撃陣を相手に、自陣のファイナルサードでのデュエルの勝率は52%をマーク。さらに、3-0で相手を葬った1stレグでは、貴重なゴールまで決めた。

LB:マルセロ(レアル・マドリー)

バイエルン相手の2試合で10度のチャンスを演出。これはマドリーにおいてトップの数字だった。

特に2ndレグは絶品の出来。クリスティアーノ・ロナウドのゴールをアシストしたほか、ドリブル突破も10回中9回成功させた。

【次ページ】MFは?