現実案:マンチェスター・ユナイテッド

マルシャルとモウリーニョ

ジョゼ・モウリーニョ監督もエンバッペに魅了されているひとりだと言われている。そして、モナコからはすでにアントニ・マルシャルが莫大な金額でオールド・トラッフォードに引き抜かれている。

今年の夏であのエリック・カントナが引退してから20年になる。ユナイテッドは再びフランスの才能を頼りにするようになっており、昨夏にはポール・ポグバを史上最高額で引き抜いた。さらに、今年はアトレティコ・マドリーからアントワーヌ・グリーズマンを獲得するかもしれない。だが、もし彼が確保できなかった場合、エンバッペがエキサイティングなオプションになりうる。

もしユナイテッド入りすれば、ズラタン・イブラヒモヴィッチからストライカーとして学べることになるが、マーカス・ラッシュフォードやマルシャルらとの熾烈なポジション争いに臨むことにも。より大きな懸念は、実際に指導した後、(エンバッペへの)指揮官の熱意が本物だと証明されるか否かだ。

世界で最もリッチなクラブであるユナイテッドでは、グリーズマンとエンバッペの両獲りもありうる。その逆もしかりだ。とはいえ、エンバッペはマンチェスターで何が起ころうとも注目の的になるのは厳しいと考えるかもしれいない。

もしモウリーニョのチームがCL出場権を逃せば、他のオプションが考慮されるだろう。バイエルン・ミュンヘンも獲得に興味を示しているクラブとされている…。

【次ページ】ワイルドカードはどこだ!