ロシアW杯“最後の1枠”を争った大陸間プレーオフでニュージーランド代表を下し、1982年スペイン大会以来36年ぶりの本大会出場を決めたペルー代表。

あの劇的な勝利から1か月が過ぎた18日、FPF(ペルーサッカー連盟)は本大会に向けた新しいホームユニフォームを、首都リマで発表した。

なおドーピング検査の陽性反応により大会出場が絶望視されていたエースのパオロ・ゲレーロは、処分軽減で出場が可能に。最大の懸念は払拭され、いよいよ役者が揃った。

2018年ロシアW杯の各国新ユニフォーム情報はこちら!

Peru 2018 Umbro Home

ペルー代表 2018 Umbro ホーム ユニフォーム

ロシアW杯ユニフォームとはいえ特別大きな変更はなく、ペルー代表らしいクラシックな雰囲気のシンプルなユニフォーム。オーソドックスで奇をてらわない、伝統的なデザインが良い感じだ。

ペルー代表 2018 Umbro ホーム ユニフォーム

ただし細部は少しだけ豪華に。肩にはゴールドを基調としたUmbro“ダブルダイヤモンド”のテープを配している。

ペルー代表 2018 Umbro ホーム ユニフォーム

また、伝統の襷(たすき)にはゴールドのパイピングを施し、襷自体にも光沢感のある素材を当てているように見える。

18日の公式発表ではパンツとソックスも用意されていた。画像を見る限りでは、基本的にはホワイトの3点セットになるようだ。

来年のロシアW杯ではグループCに入ったペルー代表。初戦はデンマーク代表と、第2戦でフランス代表と、そして第3戦ではオーストラリア代表と対戦する。