5回目のW杯出場が約3か月後に迫ったクロアチア代表が21日、そのロシアW杯で着用するユニフォームを発表した。

デザインは伝統のチェッカーボード(市松模様)だが、今回はチェックの1マスが大きめ。また、2016年モデルと同様にホームとアウェイが共通のデザインを採用している。

1998年のW杯は初出場ながら3位と立派な成績を残したが、それはキットサプライヤーがLotto時代のこと。Nikeのユニフォームを着た3度のW杯はいずれもグループリーグで敗退しているが、ロシア大会はどのような結果が待ち受けているのだろうか。

2018年ロシアW杯の各国新ユニフォーム情報はこちら!

Croatia 2018 Nike Home

クロアチア代表 2018 Nike ユニフォーム

伝統といっても過言ではないチェック模様は、クロアチア国章のそれと同じ。今回は2014年モデルと同じように、袖部分はチェック柄ではなくレッド単色となっている。

クロアチア代表 2018 Nike ユニフォーム

アップで見るとチェックの境目は、ノコギリの刃のようなギザギザであることが分かる。シャツの素材にはNikeのテクノロジーを駆使した最新素材のヴェイパーニットを採用。

クロアチア代表 2018 Nike ユニフォーム

背面はシンプルなデザイン。肩周りはラグランスリーブで可動域を大きく確保している。

クロアチア代表 2018 Nike ユニフォーム

ホワイトを基調としたパンツも公開された。摩擦を減らすため外側に縫い目を作らないのが「ヴェイパー・マッチ・ショート」の特徴。