11大会連続15度目のW杯出場が控えているスペイン代表。3月のインターナショナルマッチ・ウィークに合わせてキットサプライヤーのadidasが、そのW杯で使う新しいアウェイユニフォームを発表した。

ライトブルーを基調とし、独特なデザインのグラフィックが目を引く今回のアウェイは、スペイン代表にしては意外性のある色とデザインだ。

ここではユニフォームと選手着用画像を2ページに渡って紹介。フィールドプレーヤー用と一緒にGKのアウェイユニフォームも、デ・ヘアの着用画像のみだが公開されている。

2018年ロシアW杯の各国新ユニフォーム情報はこちら!

Spain 2018 adidas Away

スペイン代表 2018 adidas アウェイ ユニフォーム

写真は選手用と同等のオーセンティックユニフォーム。この矢印のようなユニークでクラシックなデザインは、1980年代のadidasのジャージにインスパイアされたという。ライトブルーとレッドの組合せは、かなり珍しい。

スペイン代表 2018 adidas アウェイ ユニフォーム

オーセンティックのエンブレムは、レプリカとは異なり熱圧着仕様。エンブレムは濃淡の異なるレッドで仕上ている。

スペイン代表 2018 adidas アウェイ ユニフォーム

パンツとソックスはともにホワイトを基調。ソックスはスリーストライプスとチーム名の略称“RFEF”のグラフィックが入る。