自国開催だった2010年大会を最後にW杯から遠ざかっている南アフリカ代表。

ロシア大会もアフリカ最終予選まで進んだが、所属したグループDを最下位で終えている。なおこのグループDで出場権を獲得したのは、W杯で日本代表と対戦するセネガル代表だ。

そんな南アフリカ代表の新しいユニフォームを先日、キットサプライヤーのNikeがリリースした。かつてサンフレッチェ広島やヴィッセル神戸で指揮を執ったスチュワート・バクスター監督率いる代表チームは、このユニフォームを着てまずはアフリカネイションズカップ2019の出場を目指す。

South Africa 2018 Nike Home

南アフリカ代表 2018 Nike ユニフォーム 

ホームキットはいつも通りのイエローを基調にグリーンのアクセントで、南アフリカ代表らしいカラー。肩から袖にかけてのグリーンのストライプが特徴的で、どことなく90年代の同代表ユニフォームを彷彿とさせる。

南アフリカ代表 2018 Nike ユニフォーム 

背面首元には南アフリカ国旗をプリントしたテープを配している。

南アフリカ代表 2018 Nike ユニフォーム 

胸の中央には南アフリカサッカー協会(SAFA)のエンブレムを装着。画像はオーセンティック・ユニフォームで、左胸のエンブレムは熱圧着で取り付けている。