2005-06シーズン

アンドレス・イニエスタ バルセロナ ユニフォーム

第31節 バルセロナ 1-1 レアル・マドリー

イニエスタはトップチームデビューから4シーズン目のクラシコ。このシーズンを最後に現役を引退したジダンに削られている。

このシーズンのバルサのユニフォームは、全体的に明るめのストライプと硬めの生地が特徴的。エンジのパンツは賛否両論だった。

2006-07シーズン

アンドレス・イニエスタ バルセロナ ユニフォーム

第26節 バルセロナ 3-3 レアル・マドリー

メッシのハットトリックで引分けた試合。マッチアップする10番はロビーニョだ。

伝統が破られ、ユニフォームにはついに“胸ロゴ”が入った。「UNICEF」は営利目的のスポンサーではないとしても、ファンの間では物議を醸した。

2007-08シーズン

アンドレス・イニエスタ バルセロナ ユニフォーム

第17節 バルセロナ 0-1 レアル・マドリー

マッチアップの相手はヴェスリー・スナイデル。このシーズンのクラシコはラ・リーガのみで、レアルが2勝した。

バルサのユニフォームは、このシーズンが“カンプ・ノウ落成50周年記念”だったことから、月桂樹の葉で飾られた特別仕様のエンブレムを付けていた。