どのようにバルセロナにフィットする?

アルトゥール バルセロナ

バルセロナの複雑なパスゲームに適応することは、誰にとってもチャレンジであるが、アルトゥールならうまくやれるだろう。

ポゼッションでも落ち着いているし、彼はボールを持つことにも慣れている。今季のブラジル全国選手権でグレミオは平均57%のポゼッションを記録している。

イニエスタがバルセロナを離れ、パウリーニョが中国に戻り、アンドレ・ゴメスが他のクラブに行きそうな今季。バルセロナは彼のような選手を必要としている。

バルベルデ監督はまずセルヒオ・ブスケツとイヴァン・ラキティッチを使ってきたわけだが、アルトゥールはそれを変えられる存在だ。

中盤で最もフィットするが、もっと攻撃的なプレーも可能だ。グレミオではより前のポジションもやり、攻撃力を磨いてきた。

アルトゥール

「自分の足でボールを持って、プレーを整理するのが好きだ。ボランチとしては、よりボールを見る。

しかしプレーメーカーとしては、監督はもっとゴールに近いエリアに入ることを求めている。アタッカーやウイングを助けようとしているよ」

>>QolyによるDAZN徹底ガイド!料金・画質・評判・番組内容など