『FourFourTwo』は31日、「日本代表MF本田圭佑は、メルボルン・ヴィクトリー加入に向けた契約を結んだ」と報じた。

昨季限りでメキシコのパチューカを退団し、フリーエージェントとなっていた本田圭佑。

ワールドカップ終了後はオーストラリア・Aリーグのメルボルン・ヴィクトリーと交渉していると伝えられていた。

報道によれば、今回本田圭佑の獲得に際してメルボルン・ヴィクトリーは290万豪ドル(およそ2.4億円)を投じたとのこと。

そのうちクラブが負担するのは130万豪ドル(およそ1.1億円)で、残りはリーグ側のマーキー・ファンド(基金)によって補助されるという。

本田圭佑には1年契約が手渡されるとのことで、発表は間近に迫っているとのことだ。