『Guardian』は3日、「今夏の欧州リーグで最もお買い得だった10の取引」という記事を掲載した。

今夏も多くの移籍が行われた欧州サッカー。その中で、非常に割安で買うことが出来た選手たちとは?

ウィリアン・カルヴァーリョ(ポルトガル代表MF)

ウィリアン・カルヴァーリョ

スポルティング・リスボン→ベティス

価格:1330万ポンド(およそ19億円)

スポルティング内部の混乱は数名の選手の離脱をもたらし、捨て値で放出しなければならなくなった。

ルイ・パトリシオやラファエウ・レオンが退団し、さらにこのウィリアン・カルヴァーリョが移籍することになった。彼を手に入れたのがベティスであったことも驚きだった。

日本代表の乾貴士、アルゼンチン代表のジョバニ・ロ・チェルソも大きかったが、カルヴァーリョを獲得できたのが一番大きい。

アルバン・ラフォン(フランスU-20代表GK)

アルバン・ラフォン

トゥールーズ→フィオレンティーナ

価格:675万ポンド(およそ9.64億円)

才能ある若手キーパーの価格は急上昇している。マンチェスター・シティも、チェルシーも、リヴァプールも、とんでもない額を支払った。

ドンナルンマもミランを離れれば1億ポンドを超える価値になることは間違いない。彼が世界最高の「10代GK」であると、CIESのレポートでは評価されている。

しかし2位は誰か?このアルバン・ラフォンだ。16歳でフランスリーグにデビューした彼は、かつて攻撃的MFとしてプレーしていたものの、才能を認められて守護神となった珍しい選手だ。

フィオレンティーナはおそらく、彼の獲得に支払った額の10倍の価値を手に入れたようなものだろう。