『The Star』など各メディアは11日、「元ティカ・ユナイテッドの主将デニス・レワがバス事故に巻き込まれて死亡した」と報じた。

デニス・レワ・ムワンガラは1991年生まれの27歳。ケニア・プレミアリーグのティカ・ユナイテッドでキャプテンも務めていた守備的MFだった。

彼は9日夜から10日にかけて、カカメガ・ホームボーイズというクラブと契約を結ぶためにバスで移動していたという。

しかしその途中、悪天候の中でバスが道を外れ、20m下の地面まで落下。その結果乗っていた56名が死亡し、そのうちの一人がデニス・レワだった。

『TUKO』のレポートによれば、72歳だったドライバーは長距離路線のためのライセンスを保有しておらず、バスを運転するのも1ヶ月ぶりだったという。

生存者の証言によると、乗客の数も過剰であり床に座っている者もいたとのこと。事故が起こる前には乗客からドライバーに「スピードを落とせ!」と声が飛んでいたが、それが無視されたとも。

警察の発表によれば、すでにその時点でバスのブレーキは故障しており、そのために車両の制御が失われたようだ。

ケニアサッカーリーグ機構、そしてスター選手のヴィクター・ワニャマらが、若きMFの非業の死に哀悼の意を示した。