南アフリカ・プレミアリーグのカイザー・チーフスは、「MFワイズマン・メイワが高速道路で交通事故に遭った」と発表した。

ワイズマン・メイワは1999年生まれの18歳。カイザー・チーフスで昨年デビューを果たし、すぐにフル代表にも選ばれた天才MF。パスワークを武器とするテクニカルな選手として知られている。

昨年行われたU-20ワールドカップでは南アフリカの一員として日本代表と対戦し、背番号6を付けてアンカーとして先発出場していた。

報告によれば、彼は土曜日にヨハネスブルクの高速道路で自動車事故に巻き込まれたとのことで、病院に運ばれたという。集中治療室に運ばれた彼の状態は安定しているものの、現在医師によって怪我の程度を評価されているとのことだ。

カイザー・チーフスでは先月南アフリカ代表MFレボガング・マニャマが交通事故で肘を骨折しており、6週間の離脱を余儀なくされている。

それから間もない段階で再びピッチ外でのアクシデントに見舞われており、成績も11試合を終えて7位と奮わない。今季はチームにとって頭の痛い出来事が続いている。