2018年もそろそろ終盤。春秋制度のリーグはクライマックスを迎えており、欧州では冬の移籍マーケットが徐々に近づいている。

この1月からのサッカー界において、最もその価値を上げたセンターバックとは誰なのか?『Transfermarkt』のデータを紐解く。

10位:プレスネル・キンペンベ(PSG)

2018年1月の価値:800万ユーロ(およそ10.3億円)

現在の価値:3000万ユーロ(およそ38.6億円)(+2200万ユーロ)

PSGでセンターバックの一角に定着した生え抜き。圧倒的なスピード、時に輝く組み立てのパス、そして奇抜なファッションで価値を上げた。

9位:アンドレアス・クリステンセン(チェルシー)

アンドレアス・クリステンセン

2018年1月の価値:1800万ユーロ(およそ23.1億円)

現在の価値:4000万ユーロ(およそ51.4億円)(+2200万ユーロ)

チェルシーでついにチャンスを掴んだセンターバック。アントニオ・コンテ体制で重用されるようになり、その才能を証明してみせた。