第16節を迎えたプレミアリーグで、ついに首位が入れ替わった。

マンチェスター・シティがチェルシー戦でついに初黒星を喫した一方、リヴァプールはボーンマスを0-4で撃破して無敗をキープ。この結果、勝点差1ポイントでリヴァプールが首位に立ったのだ。

そのなかでFWムハンマド・サラーはハットトリックの大暴れ。彼の試合後の振る舞いが話題になっている。

ジェームズ・ミルナーとともにインタビューを受けたサラー。プレミアリーグではともにインタビューを受けたチームメイトから「Man of the match」のトロフィーを手渡されるのが恒例となっている。

だが、サラーは受け取るのを断り、隣にいたミルナーにそれを返したのだ。

ミルナー

この日は右サイドバックとしてフル出場したミルナーにとって、この試合がプレミア通算500試合目だった。

ムハンマド・サラー

「僕は彼(ミルナー)の素晴らしいキャリアを祝福しなきゃならない。今日は彼がふさわしいよ。

こういう試合をもっとやれることを願っている。でも、これを(ミルナーからは)受け取れないよ」

ジェームズ・ミルナー

「サラーは傑出していた。彼はトッププレイヤーだ。

タイトでうまくいっていない時には、試合をひっ捕まえるようなビッグプレイヤーが必要になる。

今日の彼はそれをやった。彼は僕らにとってマッシブな選手だよ」

「(右サイドバックでのプレーは)異なるものだけど、求められたことをやる。

トレント(・アレクサンダー=アーノルド)にちょっと休みを与えられたね」

来週のリヴァプールはCLナポリ戦、宿敵マンチェスター・ユナイテッド戦とビッグゲーム2連戦を戦う。