23日、イングランド・プレミアリーグ第18節のエヴァートン対トッテナムが行われた。

試合の内容はオープンなゴールの奪い合いに。エヴァートンがウォルコットのシュートで先制したが、エヴァートンのミスからソン・フンミンが同点ゴールを奪う。

トッテナムはさらにデル・アリが追加点を奪取し、前半終了間際にはトリッピアーのフリーキックからハリー・ケインがネットを揺らす。

そして後半もゴールを奪い合って最終的には2-6という結果に。ソン・フンミンとハリー・ケインが2点ずつを決め、トッテナムはさすがの攻撃力を証明した。

トッテナムはこれで勝点を42に乗せ、2位のマンチェスター・シティまでわずか2ポイントというところまで迫ってきた。

一方エヴァートンは6勝6分け6敗となり、得失点差もマイナスに。12月に入ってからの5試合で2分け3敗と泥沼状態である。