日本代表とアジアカップ決勝で対戦するのはカタールに決まった。

同代表を率いているのは、スペイン人のフェリックス・サンチェス監督だ。

『Kuna』によれば、同監督は「日本はアジアのトップのひとつ」であり、「昨日イラン相手に勝ってその能力を証明した」と述べたという。

また、『arabia.as』によれば、こうも語っていたという。

フェリックス・サンチェス(カタール代表監督)

「日本は素晴らしい伝統を持っている。これまで4回優勝しており、非常に難しい相手になるだろう。

彼らはビッグトーナメントにも勝ってきたし、(今大会は)全ての試合に勝利している。

日本のような規模のチームを打ち負かすためには、完璧なパフォーマンスをする必要がある。

彼らを打ち破って優勝という最高の夢を叶えるためには、最高に集中しなければならない」

2022年のワールドカップ開催国であるカタール。全力で日本にぶつかってくるはずだ。