「そして、ジョゼップ・グアルディオラの答えも覚えている。『それは議論の余地がない。私は変えない』と。

グアルディオラはおそらく適応したのだ。彼は大いに改善した。なぜなら彼のチームの守備は良くなった。プレスも良くなった。攻撃も良くなった。

したがって、彼はなにかに適応したのだ。しかし、サッカーの方針についてはなにも変えていないではないか。

我々はそれと同じ状況にあると私は思っている。多くの疑問や質問が寄せられる。そして、いくつかのことを適応させようと変化させている。

しかし、サッカーを捉える道については変えない。このクラブにとってそれがどれだけいいものであるか。それがなければ、我々がいる意味がない」

「2年前のマンチェスター・シティの評価を見れば、ジョゼップ・グアルディオラがやったことに感心させられるだろう。

そして、彼はいいインスピレーションを与えてくれる。全てはすぐに何でも得られるものではない。特に、これをやりたいという野心があるのならばね」