トッテナムでプレーする韓国代表FWソン・フンミン。今季はすでにプレミアリーグで二桁得点を達成している。

そのソン・フンミンが英紙『Guardian』で自身の結婚観を明かした。

彼の父親が「引退するまで結婚すべきでない」と発言した件について聞かれると笑いながらこう述べたそう。

ソン・フンミン

「それは父が言ったことだ。でも、僕も同意するよ。

結婚すると、家族、妻、子供が一番になるだろう。そして、その後にフットボールがくる。

トップレベルでプレーしている間は、フットボールが一番になるようにしたい。

トップレベルでどれくらいプレーできるかは分からない。

それでも、引退したり、33,34歳になっても、家族との長い人生を送ることができる」

「(結婚して落ち着くことを望む監督もいるが)

そうだね、それはピッチ外でやることについて多くの機会があるからさ。飲みに行ったりね。

でも、僕はそういうことをするタイプの人間じゃない」

【関連記事】 韓国Kリーグ、なぜ「人気低迷」に苦しんでいるのか

現在26歳だが、どうやら現役中には結婚するつもりはないようだ。