26日に日本代表と対戦するボリビア代表の招集メンバーは以下の通り。

GK:
サイード・ムスタファ(ボリーバル)
ルベン・コルダノ(ブルーミング)
カルロス・ランぺ(サンホセ)

DF:
サウール・トーレス(ナシオナル・ポトシ)
ディエゴ・ベハラノ(ボリーバル)
エルウィン・サーベドラ(ボリーバル)
アドリアン・フシノ(ボリーバル)
マルビン・ベハラノ(ザ・ストロンゲスト)
ロベルト・フェルナンデス(ブルーミング)
ルイス・アキン(プエブラ/MEX)
ジョルディ・カンディア(スポルトボーイズ)
マリオ・クエジャル(オリエンテ・ペトロレーロ)

MF:
レオネル・フスティニアーノ(ボリーバル)
ホセ・バルガス(ブルーミング)
サムエル・ガリンド(オールウェイズ・レディ)
アレハンドロ・チュマセロ(プエブラ/MEX)
ラウール・カストロ(ザ・ストロンゲスト)
ラミロ・バカ(ザ・ストロンゲスト)
パウル・アラノ(ブルーミング)

FW:
レオナルド・バカ(ブルーミング)
ヒルベルト・アルバレス(ウィルステルマン)
エンリ・バカ(ザ・ストロンゲスト)
ロドリゴ・ラマージョ(サンホセ)

ボリビア代表のエドゥアルド・ビジェガス監督は先月就任したばかり。今月初めにニカラグア代表と対戦しているが、2-2で引き分けている。

彼らは6月に開催されるコパ・アメリカ、その後始まるワールドカップ予選を見据えた状況にあるが、今回はエースのマルセロ・マルティンス・モレノ(石家荘永昌/CHN)が移籍した直後ということもあって選出外になったほか、経験のある選手たちは招集されず、海外組もメキシコの二人のみとなった。

【関連記事】日本代表、コパ・アメリカまでに絶対に試すべき5名

ボリビアはこのアジア遠征で22日に韓国代表、26日に日本代表と対戦する。