日本代表はボリビアとの親善試合に1-0で勝利し、1勝1敗で3月のインターナショナルマッチウィークを終えた。

一方のボリビアは韓国戦に続き、0-1での敗戦。『Diez』によれば、エドゥアルド・ビジェガス監督は試合後にこう述べていたそう。

エドゥアルド・ビジェガス(ボリビア代表監督)

「(日本戦の敗北について)

いい戦術的傾向を持つ2つのチームによるインテンシティの強い試合だった。

日本には相当なアグレッシブさと生粋の攻撃力があることは分かっていた。

我々がボールを持つのは難しかった。日本のプレッシャーを感じていたからね、自陣内でさえ」

「(韓国のほうがタフだった)

韓国戦のほうが強かったと感じた。ただ、それは我々の長い移動時間(36時間以上)のせいだと思う。

日本戦ではより練習する時間があった。

とはいえ、どちらの試合とも我々にとって要求されるものが非常に高く、若い選手たちにとってとても有益だった」

【関連記事】冨安だけじゃねぇ!日本国内に控える怪物CB5名

移動時間が長かった韓国戦のほうがより厳しく感じたということのようだ。