昨年から中国の河北華夏幸福でプレーしている元アルゼンチン代表MFハビエル・マスケラーノ。

彼が様々な話題について語ったと、『TyC Sports』が伝えている。

それによれば、去就についてこう述べたという。

ハビエル・マスケラーノ

「決断する日が近づいてくれば、そうすることになるだろう。

今年末までの契約がある。もしおかしなことが起きなければ、それを満了しようとするだろう。

将来何をするのかは決めていないよ」

「ワールドカップが終わると、目標が違うものになってきた。別の道を選んだのさ。

今はかつてないほどにフットボールを楽しんでいるよ。

ディフェンダーとしてプレーしていたのは、そうしなければいけなかったからさ。でも、中盤でプレーするのは本当に楽しい」

【関連記事】 「中国からヨーロッパに帰るべき5人の選手」

6月で35歳になるマスケラーノ。まだ引退するつもりはないとも述べたが…。