『infobae』は21日、「河北華夏幸福に所属しているハビエル・マスケラーノが契約解除を求めている」と報じた。

かつてリヴァプールやバルセロナでプレーしたマスケラーノは、今年34歳。中国超級リーグの河北華夏幸福との契約は今シーズン限りとなっている。

そして現在彼は複数のクラブからオファーを受けており、その中でもエストゥディアンテスからの誘いを真剣に考えているそうだ。

エストゥディアンテスの会長はフアン・セバスティアン・ベロン。監督を務めるガブリエル・ミリートはかつての同僚マスケラーノの加入を望んでいるとのこと。選手としてだけではなく、アシスタントコーチとしても働いてもらいたいという意思を持っているよう。

【関連記事】中国で最も高額な給与を貰った選手、TOP20

ただ、河北華夏幸福はマスケラーノの獲得に向けて大きなお金を支払っていることから、契約解除に向けては難しい交渉を余儀なくされる可能性が高いという。