今年1月のマーケットで欧州復帰が噂されたものの、家族の意向もあってアメリカ・メジャーリーグサッカーでのプレーを続けることを決めたズラタン・イブラヒモヴィッチ。

LAギャラクシーでは今季も3試合出場で4得点と「別格」のプレーを見せていたが、14日に行われたフィラデルフィア・ユニオン戦でもさらに2ゴールを決めた!

圧倒的な高さのヘディング、そして落ち着き払ったペナルティキック。37歳という年齢ながら衰えを全く感じさせず、そのスター性も相変わらずだ。

【関連記事】イブラヒモヴィッチ、伝説ゴール未遂!動画で見てみると…

また、試合中にはこんな「スコーピオンシュート未遂」もやっていたようで、クラブ公式Twitterが取り上げているぞ。

今季もますます活躍しそうなイブラヒモヴィッチ。アクロバティックプレーに魅力を感じるファンは、注目しておいて損はないだろう。