UEFAチャンピオンズリーグで2季連続での準決勝進出を決めたリヴァプール。

一方、プレミアリーグで優勝を争うマンチェスター・シティはトッテナムとの同国対決に敗れた。

壮絶な展開となった2ndでは、後半アディショナルタイムにVARでゴールが取り消されるという場面も。

 

『Liverpool Echo』によれば、この試合について、ユルゲン・クロップ監督が言及したという。

ユルゲン・クロップ(リヴァプール監督)

「アンビリーバブルだった。彼ら(シティ)のことを本当に気の毒に思ったよ。

VARなしなら明らかなゴールだと言う声があることは知っている。だが、その件についてはまだ議論があるよ。

あの瞬間はオフサイドだったが、タフなものだった」

「トッテナムには大きな賞賛を送るよ。

シーズン当初、私は彼らが最も厳しい夏を送ったと言った。1人も選手を補強しなかったからではなく、2週間しかオフが無かったからだ。

シティ相手に3点を奪ったのだから、もちろん(勝ち抜けに)ふさわしい。

リーグ戦に影響があるのかは分からないね。見ていくことになるよ」

【関連記事】 マンチェスター・シティが改善したいなら獲得すべき5選手

破竹の無敗街道を突き進むリヴァプール。今週末にはカーディフと敵地で戦う。