佳境を迎えているプレミアリーグで史上最速となるゴールが決まった。

吉田麻也も先発した第31節ワトフォード対サウサンプトン戦。キックオフ直後、サウサンプトンFWシェイン・ロングは相手のパスをカットすると、巧みなループシュートでネットを揺らした(以下動画24秒~)。

プレミアリーグ公式によれば、試合開始7.69秒で奪ったリーグ史上最速ゴールになったとのこと。

ロングは32歳のアイルランド代表FW。テクニカルなタイプではないが、吉田も評価するストライカーとしての嗅覚に優れる選手だ。今季は1月まで無得点だったが、ここ4試合で3ゴールと調子を上げている。

【関連記事】世界歴代最速ゴールトップ10

ただ、サウサンプトンは終了間際に痛恨のゴールを許し、試合は1-1の引き分けで終了している。