2014年からチームを指揮してきたマッシミリアーノ・アッレグリ監督が退任することになったユヴェントス。

後任候補として大物監督の名前が挙がっている。そうしたなか、『La Gazzetta dello Sport』が気になる話を伝えていた。

それによれば、クリスティアーノ・ロナウドはジョゼ・モウリーニョ氏を新監督に推しているという。両者はかつてレアル・マドリーでともに働いた間柄にある。また、2人のエージェントである大物代理人ジョルジュ・メンデス氏もユーヴェ行きを推薦しているとのこと。

【関連記事】モウリーニョ監督が獲得した最悪のイレブン

ただ、モウリーニョはユーヴェの宿敵であるインテルで3冠の偉業を成し遂げた人物。また、レアルでの最後はロナウドとも決して良好な関係ではなかったとも噂されているが…。