『Mirror』は13日、「マタイス・デ・リフトは、パリ・サンジェルマンで破格の給与を受け取る」と報じた。

19歳でアヤックスのキャプテンを務め、チームをエールディビジ優勝&チャンピオンズリーグのベスト4に導いたデ・リフト。

先日行われたUEFAネーションズリーグ・ファイナルズでもオランダ代表のセンターバックとしてフィルヒル・ファン・ダイクとコンビを組み、準優勝に貢献した。

そして現在彼はフランス・リーグアンのパリ・サンジェルマンに加入することが決まりそうな状況だと伝えられている。

そこで提示されている条件は5年契約、給与は年1100万ポンド(およそ13.4億円)になるそうだ。移籍金はおそらく6650万ポンド(およそ96.78億円)が要求されているとか…。

なお、パリ・サンジェルマンはデ・リフトを獲得でき次第ブラジル代表DFマルキーニョスをユヴェントスに放出する予定だと言われている。

【関連記事】 注目するなら今!アヤックスが誇る「6人のワールドスター候補生」

マルキーニョスは現在セリエAに戻りたいという意思を持っており、それを尊重しての取引であるそうだ。