4日に35歳で電撃的に現役引退を発表したアリエン・ロッベン。

フローニンゲン、PSV、チェルシー、レアル・マドリー、バイエルン・ミュンヘンで19年にわたってプレーしてきた彼は、サッカー界でも異彩を放つウイングだった。

現代では一般的なものとなった「右サイドを得意とする左利き」の走りと言える存在であり、カットインからのシュートを代名詞のように得意とした。

バイエルン・ミュンヘンでも多くの得点を生み出してきた彼が、同クラブでのTOP10ゴールをセレクトした動画がこれだ。

カットインからの左足ももちろん見事だが、盟友フランク・リベリとのコンビで奪ったゴールやPKも印象深い。

【関連記事】サッカー界の伝家の宝刀!必殺テクを持つ9人の大物

彼が動画の最後でTOP10を選んでいるのだが(動画17:15~)、果たしてどんな結果になったのか?自分の目で確認してみよう!