先日、インテルのアントニオ・コンテ新監督から戦力外通告を受けたナインゴラン。マウロ・イカルディとともに「今季のプランには入っていない」と宣告されたという。

中国への移籍を検討していると言われる中、ナインゴランの妻がInstagramで衝撃的な告白を行った。

それによれば、彼女は1ヶ月前から癌を患っており、これから化学療法がスタートするとのことだ。

クラウディア・ライ・ナインゴラン

「1ヶ月間、朝起きるといつもただの悪夢であることを願っていた。そして、私は自分が悪夢の中に生きていることに気づいた。

この日ができるだけ遅くなることを望んでいた。しかしそうはならなかった。日々はただ流れていく。私の幸せもそうであったように。

今日から人生の新しい章が始まる。化学療法という章が。

クラウディアは人生の中で一度だけ、新しい日を始めることへの恐怖を抱いていると言った。恐怖というのは控えめな表現だ。

私が言うことができるのは、涙でバケツを満たしたあと、この醜い獣と戦う時が来たということ。

この一ヶ月間、自分を助けてくれて、最高の安寧をもたらしてくれた家族と友人に感謝したい。

同じ悪夢の中で生きている人々にも幸運を祈りたい。笑顔を失わずに」

【関連記事】 恐ろしい怪我や病気から戻ってきた14名の選手たち

体に大きな負担をかける治療を行うことになるクラウディア。彼女を支えなければならないナインゴランは、今季どこでプレーすることを選択するのだろうか。