英プレミアリーグのアーセナルとキットサプライヤーのadidasは16日、2019-20シーズンに向けたアウェイユニフォームを発表した。

クラブは1994年以来25年ぶりにadidasと契約。その最初のアウェイキットは事前の噂通り、あの伝説の「傷んだバナナユニフォーム」を取り入れたデザインが登場した。

Arsenal 2019-20 adidas Away

アーセナル 2019-20 adidas ユニフォーム

25年ぶりのadidasアウェイユニフォームは、イエローを基調にジグザグのグラフィックを取り入れたデザイン。この独特な模様は、「傷んだバナナ」と呼ばれた91-93アウェイキットに着想を得ている。

アーセナル 2019-20 adidas ユニフォーム

背面にも全体に「傷んだバナナ」のジグザグ模様をあしらう。また91-93アウェイキットと同様に、差し色として各部にネイビーを配する。

アーセナル 2019-20 adidas ユニフォーム

パンツはネイビーを基調にイエローの差し色。そしてソックスはイエローカラーで、これも91-93アウェイキットと同じカラーコンビネーションだ。