マンチェスター・ユナイテッドを退団したあと、アメリカに渡ってMLSのロサンゼルス・ギャラクシーに加入したズラタン・イブラヒモヴィッチ。

すでに30代後半という年齢、しかも大きな怪我を経験した直後ということで不安の声もあったが、全くそれを感じさせない活躍を見せている。

アメリカでの2年目はなんと28試合で29ゴールを奪っており、むしろこれまで以上に得点力を高めているのだ。

10月3日に彼は38歳の誕生日を迎えたわけだが、それに合わせてロサンゼルス・ギャラクシーが投稿した「イブラの全ゴール集」があまりにもエモすぎた。

相手のミスを逃さないポジショニング、高さのあるヘディング、そして他の追随を許さないシュートテクニック。見事すぎて言葉が出ない。

ただ身体能力だけではないイブラの真髄が詰まった5分の映像だ。これから彼はどこまでやり続けてくれるのか。