水戸ホーリーホックとキットサプライヤーのGAViCは11日、2020シーズンに向けた新しいユニフォームを発表した。

今季のリーグ戦は全日程を終了した明治安田生命J2リーグ。水戸はプレーオフ進出をかけてファジアーノ岡山との最終戦に臨み、1-0で勝利した。だが、6位モンテディオ山形と同勝点・得失点差ながら総得点数でわずかに及ばず、リーグを7位で終了。来季もJ2で戦うこととなった。

Mito HollyHock 2020 GAViC Home

水戸ホーリーホック 2020 GAViC ホーム ユニフォーム

新しいホームユニフォームも伝統のブルーを継承。一見すると普通のピンストライプ柄のように見えるが、線は途中で途切れ、その長さも一定ではないように見える。

水戸ホーリーホック 2020 GAViC ホーム ユニフォーム

2色のピンストライプの色の濃い方は、日本の伝統文様である木賊縞(とくさじま)。木賊(とくさ)とはシダ科の植物で、節がある細い茎が直立するのが特徴的。主に山間の湿地に自生する。そして、スカイブルーの3本線はぶれないクラブの姿勢を表現する。