ラ・リーガ第16節、バルセロナ対マジョルカ戦がカンプ・ノウで行われた。久保建英もフル出場した一戦はバルサが5-2で勝利。

ハットトリックと大暴れしたリオネル・メッシが久保の前で決めたスーパーゴールがこれ。

問答無用にすごい…。

古巣相手に存在感は見せた久保。『AS』によれば、マジョルカのビセンテ・モレノ監督は久保についてこう述べていたそう。

ビセンテ・モレノ(マジョルカ監督)

「18歳にしてとても成熟している。常にボールを求めるし、このステージでも萎縮していない。

とても明確な考えを持っており、個性に溢れている。

この選手は自分の天井(限界?)がどこにあるのか知らないよ」

18歳とは思えないとしつつ、まだ底が見えないと今後の成長に期待していたようだ。