2019年も残りわずかとなるなか、『Sky Sports』がプレミアリーグのこの10年間のベストゴールをまとめている。

リヴァプール時代のルイス・スアレスが2012年に決めた超ド級のゴールも選ばれていたぞ。その仰天プレーがこれ!(以下動画1分17秒~)。

こりゃすげぇ…!

ロングボールに反応して全力疾走で走るスアレス。ニューカッスルDFコロッチーニと競りながら驚異的なトラップでボールをコントロールすると、冷酷無比なフェイントでGKまで料理!

驚異的としか言いようのないプレー…。当時のブレンダン・ロジャーズ監督も「ルイスは打破不可能だ。とても頭がよくスマートで、本物のワールドクラスのストライカーだ」と絶賛していた。