かつてFCポルトで大活躍し、アトレティコ・マドリーでもプレーしたことで知られる元コロンビア代表FWジャクソン・マルティネス。

2018年にはポルティモネンセに加入し、中島翔哉(現FCポルト)や安西幸輝、権田修一ら日本人選手ともチームメイトとなっている。

そのジャクソン・マルティネスは、サッカー選手としてのみならず、歌手としてのキャリアも持っている人物。この冬、彼は『Esperar En Ti』という新曲をリリースした。そのミュージックビデオがこれだ。

ロケ地はポルティモンのビーチ、プライア・ダ・ローシャ!石灰岩の崖がすごい…。

2018年に『No Temere』というアルバムでデビューしたジャクソン・マルティネス。その後5枚のシングルを発表しており、この『Esperar En Ti』で6枚目となる。

サッカー選手としてはなかなか昔のようなインパクトを残せない状況が続いているものの、ミュージシャンとしては順調な歩みを見せているようだ。