東京オリンピックの予選も兼ねたAFC U-23選手権。

西野朗監督が率いるタイ代表はサウジアラビアとの準々決勝に1-0で敗れ、出場権を掴むことはできなかった。決勝点となったVARによるPKシーンがこれ(以下動画1分8秒~)。

ボールに行こうとして足を蹴ってしまったように見える…。

同国史上初の五輪出場はならなかったタイ。地元メディアによれば、西野監督は「(選手たちは)ワードワークをするし、互いを助け合い素晴らしいものにするためのいいテクニックがある。彼らの未来は有望だと信じている」などと語っていたそう。